1. ホーム
  2. 医療脱毛
  3. ≫フェミークリニックの悪い口コミも隠さず網羅!脱毛料金一覧表や予約のしやすさも

フェミークリニックの悪い口コミも隠さず網羅!脱毛料金一覧表や予約のしやすさも

フェミークリニックで脱毛したことがある方に調査を行いました。

口コミを提出して頂くにあたり、本当に通っていた証明としてフェミークリニックの「診察券」も見せて頂きましたので口コミと一緒に掲載しています。

フェミークリニックの口コミ

評価★☆☆☆☆の口コミ

現状該当なし

評価★★☆☆☆の口コミ

現状該当なし

評価★★★☆☆の口コミ

現状該当なし

評価★★★★☆の口コミ

フェミークリニック梅田

年齢 28
契約内容 全身(顔なし・VIOなし)+VIO脱毛 それぞれ5回 53万円くらい

脱毛施術時の痛みはどうでしたか?

VIOはとにかく本当に痛かったです。毎回受付で麻酔クリームを購入して塗ってもらってからVIO照射しましたが、飛び上がるぐらい痛く、いつも脂汗をかきながらなんとか耐えていました。ほかの部位については、VIOのような強い痛みはなく、耐えられるレベルでした。まさに輪ゴムでパチンと弾かれているような感覚です。ただ、回数を重ねるごとに照射レベルを上げられるので、4回目5回目あたりはどの部位もけっこう痛みを強く感じました。

スタッフ対応はどうでしたか?

そのときのスタッフさんにもよりますが、世間話など話をしてコミュニケーションをとっていることが多かったです。ずっと無言で過ごすということはなかったです。人柄のいい、話しやすい方が多いクリニックという印象でした。
照射した部位ごとに、痛みやひりつきはないですか、など気遣って聞いてくださるので、冷やしてほしいときなどは要望を伝えながら進めてもらいました。
照射の痛みもあるので、寝てしまったことは今まで一度もありません。

評価★★★★★の口コミ

現状該当なし

脱毛機器

5種類の最新脱毛機器

フェミークリニックでは、5種類の最新脱毛機器を導入しており、一人ひとりの毛や肌の状態に合わせて施術を行います。

5種類の脱毛機は、下記の通りです。

  • YAGレーザー
  • G-MAX
  • アレキサンドライトレーザー
  • ダイオードレーザー
  • ベクタス(Vectus)

それぞれに特徴があり、「冷却方法」「肌へのダメージ」「痛みの感じ方」「照射スピード」「照射範囲」など、得意な部分が少しずつ違うので、そのお客さんに最も適した脱毛機と脱毛方法を医師が選んで施術を行います。

アレキサンドライトレーザー

もっとも医療脱毛クリニックで使われている脱毛器です。アレキサンドライトレーザーは毛のメラニンに反応して、反応して発生した熱が毛根を破壊して脱毛効果を得ることができます。

照射面積を12mmと18mmで選択でき、顔やVIOといった凹凸のある部分も細かく照射することできます

アレキサンドライトレーザーはシミ治療など幅広い治療で多くのクリニックでも使用されている王道の
当院も開院時から使用しているため、症例数も多く様々な肌質や毛質に対応できます。

ダイオードレーザー(ライトシェア)

アレキサンドライトレーザーと同様メラニンと反応して脱毛しますが、ダイオードレーザーは出力の設定が容易にできるので太い毛や産毛に近い毛や日焼けがある方にも使用することができ、ジェルを塗って施術をおこなうので、乾燥肌やアトピー肌の方も安心して受けることができます。

ダイオードレーザーは、照射面積が広めなので、背中やお腹などの広い範囲を効率的に脱毛することができます。対して顔やうなじ、VIOのような凹凸部分は照射面積が大きめなので不向きです。

ロングパルスYAGレーザー(Gentle YAG)

YAGレーザーはメラニンに反応しにくく、波長が長いので皮膚の奥までレーザーが届くので産毛のような細い部分から、男性のヒゲのような濃い部分の毛まで幅広く脱毛することができます。メラニンに反応しないので日焼けをしている方でも脱毛することができます。

「メラニンへの反応がしくにいと」聞くと効果があまりないのではと思われるかもしれませんが、従来の医療レーザー脱毛器で肌の色や毛質の関係でなかなか効果が出なかった方にも安心して使用することができます。

G-MAX(Gentle-max)

G-MAXはアレキサンドライトレーザーとYAGレーザーの2つを搭載した脱毛器です。2種類の異なる波長のレーザーを照射できるので太い毛から産毛などの細い毛まで全身の脱毛をすることができます。また照射スピードを調整できるので両脇なら数分程度で終了します。

G-MAXは冷却装置が付いていて瞬時に冷却できるので医療レーザーによる痛みを軽減することができます。

ベクタス(Vectus)

ベクタスはダイオードレーザーの最新機器です。ベクタスは照射面積が最大級の広さで一度にレーザーを出す範囲が広く、広範囲を一度にむらがなく(照射漏れなく)脱毛することができます。またジェルを塗って施術をするので乾燥肌やアトピー肌の方も安心して受けることができます。

またベクタスはメラニンチェッカーと呼ばれる、毛のメラニンの測定器がついており、レーザーの強さを細かく設定できるので皮膚の弱い方はもちろん、日焼けなどで色の黒い方でも安心して脱毛することができます。冷却装置で瞬時に冷却できるので痛みも軽減できます。

ベクタスはダイオードレーザー同様、照射面積が広いので、背中やお腹などの広い範囲を効率的に脱毛することができますが、顔やうなじ、VIOのような凹凸部分は照射面積が大きめなので不向きです。

全身脱毛料金とプラン

料金

フェミークリニックの全身脱毛は5回コースと3回コースの設定があります。

3回コースは、他の脱毛サロンなどで既に脱毛の経験があるものの、脱毛効果にいま一つ納得いかないという方が最終仕上げとして選ばれることが多いプランです。

初めて脱毛するという方は5回プランがおすすめです!

料金はこちらの表の通りです。

回数 月払いプラン 一括料金
3回 月々8,300円 248,400円
5回 月々10,000円 378,000円

※料金は税込み

全身脱毛の範囲

フェミークリニックの全身脱毛には、【顔・VIO・うなじ】が含まれていません。それ以外の部位はすべて含んでいるので、【顔・VIO・うなじ】の脱毛が不要な方はこのままで大丈夫ですが、VIOや顔も一緒に脱毛したいという方は多いので、同時に済ませてしまいたい場合は、別途で契約する必要があります。

セットになっていれば脱毛料金を安く抑えることができるのですが、別途で契約すると下記の料金が加算されますので脱毛料金が高額になってしまいます。

脱毛部位 一括料金
VIO(5回) 105,840円
顔(10回) 237,600円

※料金は税込み

全身脱毛の料金も上記の料金も、初診料、薬代、剃毛料などがすべて含まれた料金になっていますので、麻酔を除いてこれ以上の料金が発生することはありません。

コース終了時の追加照射

どの部位も5回照射後(顔は10回)以降の1回あたりの料金は割引料金で脱毛することができます。

なので、契約していたコースが完了したときに、まだ気になる部位があればそこの部位は割引料金で追加照射できるということになります。

口コミ投稿者さんの場合ですと、VIOの脱毛がまだ満足されていないようなので、VIOを追加照射することで理想の脱毛効果を得ることができます。(VIOを追加照射する場合は、V、I、Oをそれぞれ分けて選択)

全身脱毛1回を終えるのに何回かに分ける

光脱毛で施術を行う美容脱毛サロンでは、1回の施術で全身を施術できることが多いですが、医療脱毛の場合は全身にかかる負担が大きくなるので、全身脱毛を行う際は何回かに分散して行うことが多いです。

フェミークリニックでも、1回の来店で全身を施術することはありません。

フェミークリニックの場合は、2部位をセットにして1回の施術を行います。
口コミ投稿者さんの場合は、1回の来店で掛かる時間は1時間半くらいだったそうです。

仮に全身を一気に施術した場合、5~6時間は必要になってしまいますので、時間的にも分散してもらったほうが通う側としても楽ですよね。仮に5~6時間もの長い間、裸で施術を受けたらさすがに身体が冷えてしまいますし、照射の痛みもあるので施術が終わったらヘトヘトになっていることが想像できますよね…。

ただ、例外として遠方から通っている人に対してはまとめられるだけまとめて施術したりと考慮をしてくれるので、遠方から通う場合は無料カウンセリングの際にそのあたりも聞くようにしましょう!

脱毛時の服装

全身脱毛をするときは、全裸で施術を受けるというようなイメージをお持ちの方もいるのではないでしょうか?

フェミークリニックでは、部位ごとに施術を行うので全裸になる必要はありません。クリニックで用意されている施術着(ラップタオル)に着替えて照射を行う部分ごとに肌を露出して脱毛を進めていきます。

口コミ投稿者さんもおっしゃるように、お腹や背中にブランケットをかけてもらえるので寒さに弱い方でも身体が冷えないように気を遣ってもらえますよ♪

VIO脱毛料金とプラン

料金

VIOの脱毛はVラインの脱毛部分の違いにより、VIOコースとハイジニーナコースの2つにわけられれます。

ハイジニーナコースでは全部を脱毛するプランだけでなく、減毛したり形を整えたりすることも可能です。

1回あたりの施術時間はVIOコースで40分、ハイジニーナコースで60分が目安です。

 コース  回数  金額(税抜)
VIOコース
(Vラインが足の付け根2㎝まで)
5回 98,000円
ハイジニーナコース
(Vラインがヘソ下の腸骨ラインから脚の付け根まで)
5回 140,000円

VIO脱毛をするときの体勢

VIO以外の脱毛をするときは、どんな感じの体勢で脱毛を行うのかが大体想像ができると思いますが、VIO脱毛をするときの体勢は少しイメージがしにくいですよね。

ただでさえ見らるのが恥ずかしいのに、さらに恥ずかしい体勢までしなくてはならないのかと疑問をお持ちの方もいらっしゃると思うので、VIO脱毛時の体勢について説明していきます。

◆Vラインの体勢

Vラインを照射する際は、仰向けの状態で足をやや開いて施術を行います。恥ずかしがって足を閉じてしまうと当て漏れの原因にもなってしまうので、恥ずかしい気持ちは我慢して足を少しだけ開きましょう。Vラインのときはそこまで大きく足を開く必要はありませんので、気持ち少し開くくらいでOKです。

◆Iラインの体勢

IラインはVラインよりも恥ずかしいと感じる人が多い部位ですね。

Iラインを照射するときは、仰向けの状態で左右を順番に照射していきます。方足の足を曲げて横へ倒し(方足だけあぐらをかぐイメージ)片方のIラインに照射していきます。片側照射が終わったら次は反対の足を曲げ、先ほどと反対のIラインを照射します。

Iラインを施術する際も、恥ずかしがって開脚が足りないと看護師さんも照射しにくく、脱毛に支障をきたしますので、できることなら思い切って足を開いてしまった方が脱毛の効果は高まります。

正直、看護師さんは毎日のことなので、Iラインを見てもなんとも思わないのが本音です。以前、脱毛施術をしている方と話す機会があったので聞いてみたら「お客さんが思っているほど私たちは全然気にしてない」と話していました。

高いお金を払っていることですし、割り切ってしまった方が自分のためにもなりますよ♪

◆Oラインの体勢

Oラインの体勢は、看護師さんによって2パターンの体勢があります。

1パターン目は、横向きになって少し足を曲げた状態で行うパターン。

もう1パターンは、うつ伏せになった状態で行うパターン。

多いパターンは、後者のパターンです。厳密には、このパターンの中にもさらに2パターンがあり、1つはそのままうつ伏せでお尻を看護師さんが開いて行うパターン。

もう1つは、四つん這いになってお尻を看護師さんの方へ向けるパターンです。

四つん這いはさすがに恥ずかしいかもしれませんが、看護師さんも慣れているので照射はすぐに終わりますよ!

いずれにしても、最初の1回目は恥ずかしさと緊張で思い切れないかもしれませんが、次第に慣れてくるので、できるだけ看護師さんの照射がやりやすいように協力する気持ちをもってVIO脱毛に挑むようにしましょう。

オプション料金

麻酔

痛みに耐えられない場合は、麻酔を使用することができます。麻酔は有料なので、その都度購入する必要があり、VIOの麻酔代として毎回2500円が発生します。

支払い方法

現金・クレカ・医療ローン

フェミークリニックの支払い方法は次の3つです。

  • 現金
  • クレジットカード
  • 医療ローン(分割払い)

医療ローンとは、分割払い(月払い)が可能な支払い方法のことです。手元にまとまった現金がなくても契約できますので、多くの方がこの支払い方法を選ばれています。

契約時には審査がありますが、アルバイトやパートでも収入があることが証明できる方でしたら通るような簡単な審査ですので、普通にお仕事をされている方でしたらローン審査について特に問題はありません。

審査の際には、下記のモノが必要になりますので忘れずに持参しましょう!

  • 身分証明書(運転免許証・保険証・パスポート・学生証明書など)
  • 銀行印
  • 引き落とし口座がわかるもの(通帳等)
  • 勤め先の情報(パート・アルバイトも同様)

対応エリア

  • 渋谷院 東京都渋谷区神南1-22-8 渋谷東日本ビル8F
  • 新宿院 東京都新宿区西新宿1-22-15 グラフィオ西新宿5F
  • 池袋院 東京都豊島区南池袋2-27-8 第10野萩ビル 6F
  • 銀座院 東京都中央区銀座1-3-13 The ORB Premiere(オーブプレミア)3F
  • 梅田院 大阪府大阪市北区梅田1-12-17 梅田スクエアビルディング2F
  • 心斎橋院 大阪府大阪市中央区西心斎橋2丁目3-2 御堂筋ミナミビル5F

役に立ったら友達にも教えよう♪

医療脱毛 コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

口コミを投稿する

脱毛サロン・医療脱毛の口コミ投稿欄